女性

畳を張替えるなら専門業者に依頼しよう|丁寧な作業が魅力

依頼すべき業者

和室

畳には裏返しと表替えというゴザの張替えがあり、どちらも業者に依頼すれば引き受けてくれます。業者選びのポイントとなるのはゴザの品揃えです。ゴザは種類が豊富にあり、ゴザ次第で部屋の雰囲気や料金が違いますから重要です。また、畳製作技能士という国家資格の有資格者が在籍していれば、作業に関して信頼できます。

重要なメンテナンス

畳

2〜3年ごとに行うべき

畳には裏返しと表替えというゴザを張替えるメンテナンスがあり、このメンテナンスを行うことで畳の劣化を防ぐことができます。畳は元来、耐久性があるのですが、その耐久性を脅かすのが湿気ですから、定期的のゴザを張替えて通気性を良くすることが畳の寿命を延ばすことになるのです。きちんと裏返しと表替えをしていれば、通常、畳は15年や20年は交換しなくても大丈夫です。また、湿気はダニの温床になりますから、裏返しと表替えは室内の清潔さの維持、及び、健康にも役立つことになります。裏返しと表替えの具体的なやり方は、まずは畳を分解してゴザを畳本体から取り外します。そして、ゴザの表と裏を逆にする張替えが裏返し、新しいゴザに張替えることが表替えとなります。ゴザは表裏が同形状の、言わばリバーシブルですから、表が劣化しても裏を使うことができますので、裏返し、表替えの順で行うこととなります。裏返しも表替えも畳の見た目の美しさを保つことにも有効ですから、見た目が悪くなった時が裏返しや表替えを行う時期だと考えてしまいがちです。しかし、前述したとおり、畳の寿命や清潔さ、健康に関係していますので、見た目が悪くなっていなくても行うべきです。裏返しは2〜3年、表替えは裏返しをした後、2〜3年というのが行う時期の目安とされています。もっとも、裏返しも表替えも素人には、かなり難しい作業ですから、専門の業者に依頼することが良い判断だと言えます。専門の業者にとっては、ごく当たり前の業務ですから、依頼には簡単に応じてくれます。

美しく使いやすい状態に

障子

障子は、日光や乾燥の影響で劣化し、破れやすくなります。そのため必要に応じて、張替えをすることが大事です。業者に任せると、美しく使いやすい障子になります。なぜなら業者が、古い和紙を丁寧に剥がし、木材の格子を整えた上で、新しい和紙を張るからです。さらに桟や敷居の調整もするので、開閉しやすくもなります。

張り替えの相場を確認

部屋

名古屋市で畳の張り替えを行うという場合、表替えという修理方法がおすすめです。表替えは表面のイ草のみを新しい物に変える修理方法なので、他の修理方法よりも費用を抑える事が出来ます。相場は6畳で約3万円から5万円程度です。